【小樽で創業30年 活魚・活カニ・ふぐ・すっぽん・あんこう・寿司・海鮮料理のおたる魚亭 】
おたる魚亭
■ご案内
TOP 浜流儀 食べる水族館 お店情報 クーポン お問い合わせ
かに曼荼羅 うに曼荼羅 活魚を知る そい曼荼羅 おしながき ネット予約




おたる魚亭は、小樽で30年の歴史をもち、
文字通り小樽の前浜ものの地魚を素材にした鮨と海鮮料理の店です。
地元小樽で唯一の活魚,寿司専門店として、“鮨の小樽”を堪能していただき、
浜流儀の食べ方を“板前の隠し味”としてお出しするのがモットーです。

魚味にうるさい地元漁師の“御用達”として愛され、
“食べる水族館”とも愛称されています。
といっても、子どもたちに生きている魚を直に見せるために
水槽を用意したわけでもありませんが、
まあ、こだわりとでも言いましょうか、小樽っ子の意地とでもいいましょうか。

つまりこうなんですよ。
魚市場には毎日近海で採れた新鮮な魚介が上場されますから、
活きの良い魚は毎日食べれますが、これでも満足しちゃあいません。

やはり生きたままの、例えば北の鯛といわれるマゾイ。
バチバチっと跳ねるマゾイをつかみだし、ぐいっと包丁をいれて活じめにする。
三枚に下してさくどりしてからそいぎりにし、生醤油につけて食べると、
プリンとした歯触りに淡白な旨みがからんできます。じつに旨い。

小樽にきたら新鮮な魚が食べられると期待してこられるお客さまに、
期待を裏切らないおもてなしが、活じめなんです。
そのために水槽を用意し、魚を生かしてお待ちしています。

小樽の近海ものといいますとね、冬から春にかけてはマダラ、アカガレイ、
ソイ、ハッカク、ニシンと、寒の季節に旨い魚から始まりまして、
夏はなんといってもウニです。エゾムラサキウニとバフンウニが旨いのなんの。

さらにイカ刺し用のスルメイカ。イカの身を細切りして、
生姜醤油につけ割箸で口に頬張るようにして食べるのが浜流儀。
なんともパリパリ感があって旨いんです。
このイカ刺し、毎日食べても飽きないから不思議。

それにジャンボなシャコも歯ざわりと甘味が強くて食べごたえがあります。
アマエビ、ボタンエビも甘い。ヒルガイも磯の香りと甘みが強く、
天然のマボヤも左党の肴にうってつけ。秋はサンマやシシャモの刺身が逸品。

エゾメバルの刺身やスケトウダラ、カレイ類、
鍋ものに欠かせないアンコウやカジカも味がでてきます。
とにかく、小樽は旨い魚の話しが尽きません。
ほかでは食べられない“浜の隠れ味”で、納得いくまでおもてなしいたします。



CopyRight 1998-2016 OTARU-UOTEI All right reserved